更新:9/26/2022

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン
新型コロナウイルス検査
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ
体調が悪い場合
自分自身と家族のために治療を受けること


生後6か月以上の人は全員、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの接種対象者です。推奨されるすべてのワクチンを接種済みであっても、引き続き、ご自身やご家族あるいはご友人の健康に配慮してください。病気の際は自宅療養に努め、手洗いを励行し、ご家族やご友人が医療ケアおよびメンタルヘルスサポートを受けるのを支援しましょう。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンは、コミュニティを新型コロナウイルスから守る上で有効です

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンはどのように接種できますか?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンを受けるにはいくつかの方法があります:

ワクチン接種にあたってのガイダンス

  • 接種を受けるのに米国市民である必要はありません。

  • ワクチン接種を受けることで在留資格に影響が及ぶことはありませんし、また公的扶助を受領することには相当しません。

  • 社会保障番号を保持または提示する必要はありません。

  • 健康保険は不要です。

  • ワクチン接種は無償です。

ワクチン接種予約会場へ向かうために車の送迎が必要ですか?211 または 1-866-698-6155 にお電話ください。

新型コロナウイルス(COVID-19)ブースター接種

ブースター接種は、長期にわたり、ワクチンの効果をさらに強めるために、すでにワクチンを接種済みの大半の方々に推奨される重要な追加接種です。 

以下の要件を満たすと初回(通算3回目)の追加接種(ブースター接種)対象者となります:

  • Pfizer(ファイザー)または Moderna(モデルナ)社製の2回目のワクチン接種から5か月以上経過していること
  • 免疫不全の人は、Pfizer(ファイザー)または Moderna(モデルナ)社製の通算3回目のワクチン接種から3か月以上経過していること
  • Johnson & Johnson(ジョンソン・エンド・ジョンソン)社製ワクチン接種から2か月以上経過していること

12歳以上の人は全員、初回のブースター接種を受ける必要があります。

小児用ワクチンの接種対象者は5~11歳の小児です。子供の場合、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の初回(1回目および2回目)のワクチン接種を受けることが最も重要です。

2回目 追加ブースター接種: 

2回目の追加ブースター接種は初回のブースター接種から4か月が経過している一部の人が対象です。

  • 2回目の追加ブースター接種は12歳以上の免疫不全の人および50歳以上のすべての人が対象です。2回目の追加ブースター接種を受けることは、高齢者、免疫不全の人、重篤な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患するリスクの高い基礎疾患を有する人にとっては重要です。
     

詳細: 新型コロナワクチンブースター追加接種(通算3回目接種)(OHA) 

詳細: 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンブースター」および「追加接種」(OHA) 

生後6か月~17歳の児童のワクチン接種

生後6か月の乳幼児を対象に2つのワクチンがFDA(食品医薬品局)によって承認されています。Pfizer-BioNTech(ファイザー)ワクチンは生後6か月~5歳未満の乳幼児向けです。Moderna(モデルナ)ワクチンは生後6か月~6歳未満の乳幼児向けです。

子どもの多くは、かかりつけの小児科で接種を受けることができます。また、一部のコミュニティ施設および薬局でも、乳幼児向けにワクチン接種を行います。

小児用ワクチンの接種対象者は511歳の小児です。一番大切なことは、子どもたちが最初の2回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種(「プライマリシリーズ」とも呼ばれます)を受けることです。

  • 14歳未満の児童は、必ず親や保護者、または親が 指定する人に付き添ってもらってください。

  • 親または保護者以外の人が  5~14歳の児童に付き添う場合、親または保護者の承諾を得ている証明を提示する必要があります。さらに親または保護者には、医療上の質問に電話で対応していただく必要があります。承諾の証明は次のいずれかとします。

    • 署名入りの同意フォーム、または

    • 親/保護者の氏名、接種を受ける未成年者との関係、接種を受ける未成年者の生年月日、親/保護者が未成年者の接種を承諾している旨の陳述、ならびに親/保護者の署名入りの手書き、または印字されたメモ。

  • Oregon州では、15~17歳までは大人に付き添われる必要がなく、親や保護者の許可は要りません。ただし未成年者の場合、医療上の意思決定をする際には信頼の置ける大人と一緒に行うようにしてください。

詳細をご確認ください: 「子供の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン(COVID-19 Vaccines for Children)」および「青少年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン(COVID-19 Vaccines for Youth)

詳細:

妊娠および授乳中の方の新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン

妊娠中および最近まで妊娠していた方は、他の方々以上に、新型コロナウイルス(COVID-19)を理由に重篤な病気になる、または医療機関にかかる可能性が高くなっています。以下に該当する方のブースター接種を含めた新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種をCDC は強く推奨しています

  • 妊娠している方。 
  • 最近まで妊娠していた方(授乳中の方を含む)。 
  • 現時点で妊娠しようと考えている、または今後妊娠する可能性がある方。

妊娠および授乳中の方の新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン

その他の新型コロナウイルスのワクチン接種情報

[トップに戻る]

新型コロナウイルス検査

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状があって、重症化リスクを軽減する目的で治療を受ける必要が生じるような場合は、検査を受けることが最も重要です。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患した人の濃厚接触者に該当する場合は、マスクを着用し、接触の5日後に検査を受けるようにしてください。濃厚接触とは、マスクの有無にかかわらず、1日のうち15分以上にわたって誰かと6フィート(約1.8メートル)以内で接触することを意味します。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査」の詳細を確認する

病気にかかっている、または新型コロナウイルス感染者と接触した場合、当分の間、自宅待機が必要となる場合があります。サポートが必要な場合は、2-1-1 にお電話ください。  用意されている選択肢:コミュニティリソース

[トップに戻る]

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ 

新型コロナウイルス感染症を引き起こすウイルスは、人から人へと容易に感染します。病気になったり、ウイルスを拡散しないために:

  • ワクチン接種を受ける

  • 体調が悪い場合は自宅で療養する

  • マスク着用の検討

  • 手洗いは頻回に20秒以上行う

  • 無闇に顔を触らない

  • 咳やくしゃみをするときは口や鼻を覆う

  • 接触の多い表面を洗浄および消毒する

喘息、糖尿病、心臓病、肺疾患などの基礎疾患を有する人は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化するリスクが高くなります。

マスク着用

3月12日より、オレゴン州のほとんどの公共施設の屋内でマスク着用の義務がなくなります。雇用主や事業所では独自の判断によりマスクの着用を求める場合があります。医療関係などの一部の施設においては、引き続きマスクを着用する必要があります。

マルトノマ郡公衆衛生局(Multnomah County Public Health)は、新型コロナウイルス感染症が広く蔓延しているような状況下では、病気の活動が落ち着くまで、屋内でのマスク着用を推奨しています。屋内や人の多い公共空間でマスクを着用することは、病気に罹患するリスクを軽減する方法として常に歓迎されます。

マルトノマ郡(Multnomah County)のページをご覧ください:顔を覆うもの、マスクおよび新型コロナウイルス(COVID-19):知っておくべきこと

[トップに戻る]

体調が悪い場合

気分が悪くなり始めた場合 :

  • 自宅にとどまり、他者から離れること。

  • 可能な場合、検査を受けてください。検査を受けるには、主治医や診療所にご連絡ください。または、新型コロナウイルス(COVID-19)検査機関を探してください

  • 医師またはクリニックから、再び他者と接することができると言われるまで自宅待機すること。体調が優れない場合は、回復するまで自宅待機してください。

  • 気分を良くするために、普段していることを行うこと:睡眠、休息、十分な水分補給。

検査結果が陽性の場合:

  • 新型コロナウィルスの感染者は、少なくとも5日間は自宅待機の後、さらに5日間のマスク着用が、他の人が近くにいる場合には求められます。学校は引き続き、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)で陽性となった生徒について、5日間の自宅待機を指示することになっています。

各自のかかりつけの医師に早々電話してください。年齢や健康状態によっては、治療が受けられる場合があります。 新型コロナウィルス治療のいくつかは、症状の発症から5日以内に開始する必要があります

年齢に関係なく、ご自身または誰かが以下のような緊急の兆候を示している場合、ただちに処置を受けるようにしてください。

  • 呼吸困難

  • 胸の持続的な痛みまたは圧迫

  • 新たな混乱状態

  • 覚醒、または覚醒状態の維持が困難

  • 紫色、または黒っぽいの唇や顔色

  • 激しい腹痛

  • 911 に電話するか、最寄りの緊急施設に電話してください。

  • ご自身または助けを必要としている人が新型コロナウイルス感染症に感染している可能性があることをオペレーターに伝えてください。

病気休暇の選択肢、職場復帰可能なタイミング、検査で新型コロナウイルス(COVID-19)陽性者となった場合に雇用主に伝える必要があるかどうかについて確認してください。  「新型コロナウイルス(COVID-19)および仕事面の対応 -新型コロナウイルス(COVID-19)に罹患した場合の雇用主への伝達」をご覧ください。

[トップに戻る]

自分自身と家族のために治療を受けること

かかりつけの医師がいない場合は、211またはMultnomah County Primary Care Health Centers(マルトノマ郡プライマリケアヘルスセンター)503-988-5558に電話してください。通訳が利用できます。Multnomah Countyの診療所では、ワクチン接種を受けるのに

  • 健康保険への加入は必須ではありません。

  • 所得は必要ありません。

  • 移民のステータスに関係なく医療を受けることができます。

  • 個人情報を、法執行機関や入国管理局の職員が共有することはありません。

Immigration and Customs Enforcement(移民税関局)は、病院、診療所、クリニック、緊急医療施設などの医療施設で逮捕の実力行使を回避することを方針としています。

新型コロナウイルス感染症の治療またはサービスを受けても、米国での永住権を申請する際に不利に作用しません。公費について詳しく知る。

リソース

[トップに戻る]

質問がありますか?

211 infoにアクセスするか、または2-1-1(午前8:00~午後23:00)に電話してください。通訳をご利用いただけます。