2022年4月5日更新

このページに記載していること:

強制退去通知を受け取った場合の対処方法

211のご案内ご自身、ご家庭が家賃滞納による退去通知を受けている場合は、すぐに2-1-1にお電話いただき速払いの家賃補助金について知ることで、強制退去を回避できるかもしれません。郡の退去弁護団は、Multnomah郡の賃借人が自宅にとどまることができるように、迅速な財政的·法的援助を提供できる可能性があります。すでに州のオンラインポータルや地域団体から支援金を申請済みの場合でも、お電話ください。

オレゴン法律センターからの 概況報告書をダウンロード して、強制退去からの保護の詳細をご覧ください。

法的支援が受けられる場所

法的なアドバイスを必要とする賃貸人は、オレゴン法律センター賃借人のコミュニティー·アライアンス または オレゴン州法律相談サービスにお問い合わせください。

マルトノマ郡での家賃補助金受給資格

Happy black family hugging and embracing on couchマルトノマ郡の住民で、コロナ禍により家賃(現在の分および遅延分)の支払いに苦労している方は、家賃補 助の受給資格があるかもしれません。受給資格を得るには、以下のすべての基準を満たす必要があります:

  1. オレゴン州の貸借人であり、支払いを滞納している。

  2. ご家族の中に、COVID-19パンデミックが家賃や公共料金の支払い能力に直接または間接的に影響を与えた旨を示せる方がいる。

  3. あなたの年間世帯所得は、世帯人数に対する地域所得中位値の80%以下である。下表にて、ご自身の所得が適格かを判断していただけます。

世帯人数

地域所得中位値の80%(AMI)

1 $54,150
2 $61,900
3 $69,650
4 $77,350
5 $83,550
6 $89,750
7 $95,950
8 $102,150

強制退去からの保護に関する情報

家賃補助を申請した賃借人が当該申請書類を家主に提出する場合、オレゴン州上院法案891により家賃滞納による強制退去から保護されるものとしています。

オレゴン州の緊急賃貸支援プログラムは、3月21日(月)に新規申込を締め切りました。2022年7月1日より前に家賃補助を申請し、家主に書類を提出したオレゴン州の賃貸人は、2022年9月30日までの、当該申請が処理されるまでの間、この「セーフハーバー」によって保護されます。この保護は、すでに家主に書類を提出し、補助の到着を待っている間に以前の保護が失効してしまった賃借人にも適用されます。

賃借人は、担当の家賃補助提供者から適切な書類を受け取れるものとします。

申請内容の証拠書類を提出する方法および時期について詳細を知りたい方は、お近くの家賃補助金給付機関またはオレゴン法律センター賃借人のコミュニティー·アライアンス または オレゴン州法律相談サービスにお問い合わせください。

また、あなたの個人的状況に応じて、他の賃借人保護制度が利用できる場合もあることに留意してください。

強制退去からの保護に必要な資格を得るには

賃借人は、担当の家賃補助提供者から適切な書類を受け取ることができるものとします。強制退去からの保護が有効になるためには、2022年7月1日より前にその書類を家主に提出しなければなりません。

申請内容の証拠書類を提出する方法および時期について詳細を知りたい方は、お近くの家賃補助金給付機関またはオレゴン法律センター賃借人のコミュニティー·アライアンス または オレゴン州法律相談サービスにお問い合わせください。